オフィス原状回復費を削減できる企業を徹底比較

オフィス原状回復費を削減できる企業を徹底比較

このページの一番下から比較表のダウンロードが可能です!

オフィスの原状回復費の削減は依頼するパートナー次第で、確実に結果が変わってくることをご存知でしょうか?

原状回復に関わる不動産・建築・会計・法律のプロが在籍していない場合、交渉がうまくいくことはないでしょう。

専門家がいたとしても、減額交渉を得意としないところでは結果はまず出ません。

原状回復の削減コンサルティングを行っている企業でも、交渉をこちらのペースで進めることができるのかが重要です。

原状回復工事を開始しなくてはいけないタイムリミットがありますので、それまでに交渉をまとめられるようにしておかなくてはなりません。

 

各業者でできること、できないことを徹底比較しました。

オフィス原状回復費の削減で一番重要なこと

オフィス原状回復費の削減で一番重要なことは下記の4点です。

  • 工事範囲の定義付け、最適な復旧方法の提示
  • 各分野の専門家の在籍
  • 交渉拒否された場合の対策
  • 非弁行為への対策

これら4点を確実にクリアできなければ原状回復費の大幅な削減はできません。 その点を注意した上で、この比較表をご覧ください。 オフィス原状回復のコスト削減ができる企業比較表

このページの一番下から比較表のダウンロードが可能です!

各業者の傾向

コンサルティング会社

不動産のコンサルティングを行っている会社ですと、本業とは別に「原状回復費の削減コンサルティング」サービスを提供している企業はいくつかあります。

これらの会社の特徴として ・交渉は行えるが、途中で交渉が終わってしまう ・削減金額が非常に少ない などの問題があります。

実際に原状回復費.comを運営する株式会社スリーエー・コーポレーション以外にコンサルティング会社に依頼してみたが、上手く下げることができずにご依頼頂いたケースも多々あります。  

オフィス仲介業者

オフィス仲介業者のビジネスは基本的にビルオーナーとの関係性で成り立っています。

ビルオーナーの意向に沿わない原状回復費の問題は敬遠してきますので、相談しても良い返答は返ってこないでしょう。  

オフィス入居工事業者

オフィス入居工事業者は「格安の原状回復工事」を謳っていることがほとんどです。

しかし都内のグレードの高いビルは、原状回復工事は指定業者が行う契約になっていることがほとんどですので、そもそも工事を依頼することができません。

指定業者がついていない場合には見積もりをとってみると良いでしょう。  

引越し業者

引越し業者はオフィス移転業務の一部を担いますが、原状回復費の削減交渉までは行ってくれないでしょう。  

オフィス原状回復費を削減できる企業比較表DL

オフィス原状回復費を削減できる企業比較表