オフィス移転マニュアルを配布中!

オフィス移転マニュアルを配布中!

オフィス移転マニュアルで抜け漏れ尚無いオフィス移転を!

初めてオフィス移転を担当される方は、何をどのタイミングでどうすれば良いかがわからないものです。

また、すでに移転を経験された方でも、行うべきことに抜け漏れがないようにしなくてはいけません。

そこで当サイトではオフィス移転の計画から、移転後の敷金返還までの工程をチェック形式でまとめたオフィス移転マニュアルを配布しています。

オフィス移転の担当者の具体的な業務としては以下が挙げられます。

オフィス移転スケジュールのポイント

・移転のスケジュール調整(旧オフィス関連でやるべきこと、新オフィス関連でやるべきこと)
・内装業者、引越し業者とのスケジュール調整
・移転先オフィスの選定
・移転先オフィスの契約
・関係官庁への届け出
・・・等々

またこれ以外にも社内の人への共有や準備の指示など、やることは膨大にあります。

当サイトのオフィス移転マニュアルでは上記のオフィス移転の実務以外にも、オフィスが広ければ広いほど費用のかかる原状回復についてのポイントもまとめております。

原状回復工事のポイント

原状回復とは店舗やオフィスを借りたとき(入居時)の状態に戻すことを指し、
オフィスを退去する際には原状回復を行うことが賃貸借契約上、義務となっていることがほとんどです。また工事は退去日までに完了させなければいけなません。
実はこの原状回復工事は業界の慣習が強く、鵜呑みにしてしまうと余計な費用を払うことになりかねません。
ですので、なぜ原状回復工事が高くなってしまうのか、どのように削減をしていくべきか、のアドバイスもオフィス移転マニュアルに記載をしております。

原状回復費用は「オフィス移転コスト」に占める割合は多く、非常に負担が大きい費用となります。
ですが、原状回復費用削減コンサルティングのプロが適切な方法で交渉を行えば、約39%の原状回復費を削減することが可能なのです。

オフィス移転マニュアルでは原状回復に関する情報も記載しておりますので、ぜひ一度ご確認下さい。

オフィス移転らくらくブックの無料ダウンロード