原状回復と原状復帰の呼び方はなぜ違う?

原状回復と原状復帰の呼び方はなぜ違う?

人によって原状回復や原状復帰と呼び方が違うのはなぜなのでしょうか?

実は両方共同じことを指しているのですが、業界によって使われ方が異なります。

  • 「原状回復」は法律用語
  • 「原状復帰」は建設用語

ですので、話す相手によって呼び方が変わってくるのです。

 

「現状回復」ではなく「原状回復」と表記する理由

なぜ原状回復という用語は「現状」ではなく「原状」という漢字を使っているのでしょうか?

これには歴史的な背景があると言われています。

 

原状回復は、もともと工場の義務でした。

工場の原状回復は全くの更地にすることが多かったため、その当時の法律家が原っぱに戻すというニュアンスを汲んで「原」状回復と定義したと言われています。

 

オフィスの原状復帰/原状回復には要注意

 原状復帰は建設側の言葉、原状回復は法律上の言葉、ということはお分かりいただけましたでしょうか?

 つまり、オフィスを賃貸されているあなたには、建設上と法律上、「2つの責任」がかかるのです。

ところが、契約書上はそれらの責任についてなんとなく理解できているものの、いざオフィス移転時に原状復帰/原状回復の見積書が送られてくるとその高額さにびっくりすると思います。

 

法律上、建設上の復帰義務=高額の原状回復費??

これは本当に妥当な見積金額なのでしょうか?

 

いいえ、オフィスの原状回復費は大幅削減できます。

 

しかも、合法的に・あなたが頑張らずに・トラブルなしで。

 

オフィスの原状回復費を成功報酬で40%も削減できるサービスはこちらです。