原状回復費削減は資産除去債務の会計基準で大きなメリットがある!

原状回復費を削減することが会計上のメリットになるということをご存知でしょうか? これは、平成22年度に新しく導入された「資産除去債務」についての会計基準が関係しています。 今回は、資産除去債務の説明にあわせて、なぜ原状回復費の削減が会計上のメリットにつながるのかということを解説いたします。 資産除去債務とは 資産除去債務は「公益財団法人 財務会計基準機構」によって次のように定義され

続きを読む

オフィス移転時の原状回復トラブルは誰に相談すべき?

説明する人

オフィスを移転することが決まった担当者からよくお聞きするのが以下のような声です。 「現在オフィス移転の準備中だが、見積もりを提出してこない‼原状回復工事の詳細説明もない‼話が進まないし、内容もよくわからない‼」 「事務所の原状回復工事の見積もりを確認すると、費用が想像以上に高い…」 「原状回復費の交渉を試みたが、値引きに応じてくれない‼また他業者では施工不可と拒絶された‼」 退去する物

続きを読む

居抜き退去でオフィス原状回復費を大幅に削減!

大きいオフィス

居抜きとは、不動産において、前の入居者が使用していた内装や設備を残し、次の入居者が利用することです。正しい法律用語は「原状回復義務承継」といいます。 オフィス移転を考えているテナントが居抜きで退去すれば、まだ利用できる設備をそのまま残せるので、無駄な工事をする必要がなく、原状回復費用を大幅に削減できます。また、資産の有効活用となります。リユースですね。 そこで本記事では、オフィス移転時に居

続きを読む

オフィスの原状回復にあたって担当者がぶつかる3つのギモン

白いオフィス

多くのオフィスや事務所は、移転する際に「原状回復」が義務づけられています。 この原状回復工事費用の見積もりを見て、「これは高い!なんとか削減できないか?」と思う担当者がたくさんいます。この記事をご覧の方もそんなお一人ではないでしょうか。 多くの担当者は高いと感じつつ、ビルオーナー側が提示する見積もり通りの金額を支払っています。 しかし、「なんとか原状回復工事費用を削減できないか」と行動しようと

続きを読む

オフィスや事務所、店舗の原状回復トラブル事例10選

困ったサラリーマン

オフィスや事務所、店舗から移転し、退去をする際は原状回復する必要があります。 しかし、テナント側にとってそうした機会は頻繁にあることではないため、担当者はノウハウを積むことができません。 原状回復に対する理解が不足していて、トラブルになることも日常茶飯事です。ちょっとしたトラブルと思っていたら裁判に発展してしまうというケースもあります。 そこで今回は、オフィスや事務所、店舗の退去時、実際に起

続きを読む

オフィス移転時の原状回復工事、範囲はどこまで?

オフィスを退去して移転する際、物件の原状回復は借主の義務であり、費用は借主が負担することになっています。 しかし、原状回復工事の見積もりが想像以上に高いケースが後を絶ちません。我々のところにも、「原状回復費の見積もりが出たが、いくらなんでも高すぎるのではないか?」といった相談が、日々たくさん寄せられています。 原状回復費が高額になりがちな理由の1つが、本来行う必要のない工事を原状回復工事と

続きを読む

オフィス原状回復費の見積もりが出たら、この7点をチェック!

オフィス移転が決まり、旧オフィスを退去することが決まると、義務として原状回復工事を行う必要があります。 しかし、出てきた原状回復工事の見積もりを見て、「高い!」と驚いてしまう方が非常に多いのが現状です。実際、原状回復費の見積もりは、削減の余地がある高額な状態で出てくることが少なくありません。 一方、オフィスの移転はそこまで頻繁に発生するわけではないため、オフィス移転の担当者の方も、見積もり

続きを読む

海外の原状回復費とオフィス賃貸事情・アメリカ編 

アメリカは文字通り「世界一」のビジネス大国です。 スモールビジネスからビッグビジネスまで、あらゆるビジネスがこの国から生み出され、世界に拡散していきます。 そんなアメリカには、世界中からビジネスパーソンがチャンスを掴みにやってきます。 当然、日本からも多くのビジネスパーソンがアメリカに渡ってチャンスを掴もうとしています。 そんな日本人ビジネスパーソンがアメリカでビジネスを始めるにあたって最

続きを読む

オフィスや店舗の原状回復トラブルと弁護士

原状回復をめぐって貸主側との話がこじれたときに頼りにしたいのが、法律の専門家である弁護士です。 しかし、実際に相談・依頼をする以前に、 弁護士費用はいくらぐらいかかるのか? 原状回復に詳しい弁護士をどうやって探すのか? といった悩みを抱えてしまうことも多く、ハードルが高いと感じるかもしれません。 一方、御社がそのつもりではなくても、貸主側が原状回復トラブルを裁判所に持ち込

続きを読む

原状回復費の大幅削減が可能なオフィスの面積は?

オフィス移転を進めているご担当者であれば例外なく、できる限り、原状回復費を削減したいという気持ちだと思います。 では、どれぐらいの面積のオフィスであれば、原状回復費削減の大きなメリットを得られるのでしょうか? 小規模オフィスの場合は、削減額が大きくなることはないのでしょうか? これらの疑問点について、原状回復費.comの経験・実績も踏まえながら以下でご説明いたします。  原状回復費の削減率

続きを読む