東京でオフィス移転するなら最初に読んでほしい「原状回復費で絶対に損しない方法」

オフィス移転の際、退去するオフィスの原状回復費の見積もりを出します。すでに見積書を受け取っている方もいらっしゃると思います。 その金額、そのまま払おうとしていませんか……? 多くの企業が見積もりを見て「ずいぶん高いけど、こんなものだろう」と、素直に払ってしまいます。しかし、これは非常にもったいない行為です。   ご存知でしょうか。 当初出てくる原状回復費の見積もり額のほとんどは、適正

続きを読む

原状回復費の相見積もりを取るのは危険!?

見積もり

ビルを退去する際の原状回復工事については、「ビルオーナー・管理会社の指定工事業者に依頼しなければならない」という、賃借人に制約のある内容が記載されている場合があります。 その場合はもう指定業者に依頼するしかありませんが、そうでない場合は、少しでも安い業者に工事を依頼して、費用を節約したいところですよね。 ビルオーナー・管理会社の指定する工事業者を使わずに、他の業者から相見積もりを取ったらどうな

続きを読む

オフィス原状回復費の見積もりが出たら、この7点をチェック!

旧オフィスを退去することが決まると、賃借人(テナント)の義務として原状回復工事を行う必要があります。   しかし、出てきた原状回復工事の見積もりを見て、「高い!」と驚いてしまう方が多くいらっしゃいます。実際、原状回復費の見積もりは、削減の余地がある高額な状態で出てくることが少なくありません。 ところが、オフィスの移転はそこまで頻繁に行われません。そのため、オフィス移転の担当者の方が見積書を見

続きを読む

オフィス移転時の原状回復工事、範囲はどこまで?

オフィス移転時の原状回復工事、範囲はどこまで

オフィスや事務所を移転する場合、物件の原状回復は賃借人(テナント)の義務です。その際、費用は賃借人が負担することになっています。 しかし、賃借人の声を聞くと、原状回復工事の見積もりが想像以上に高かったというケースが後を絶ちません。原状回復費・適正化協会にも、「原状回復費の見積もりが高額に感じる。確認してもらえないか?」といった相談が、たくさん寄せられています。 原状回復費が高額になるの

続きを読む

海外の原状回復費とオフィス賃貸事情・アメリカ編 

アメリカというビジネス大国で一旗揚げようという意欲的なビジネスパーソンは日本にも大勢いらっしゃいます。 彼らがアメリカで一定以上の規模のビジネスをしようと思ったら、オフィスの賃貸は避けられないでしょう。 そこで今回は、アメリカにおける原状回復を含めたオフィス賃貸事情について解説したいと思います。 アメリカは内装工事や原状回復はどういう認識か? 内装工事の費用は貸主負担が一般的のようです

続きを読む

原状回復費削減は資産除去債務の会計基準で大きなメリットがある!

原状回復費を削減することが会計上のメリットになるということをご存知でしょうか? これは、平成22年度に新しく導入された「資産除去債務」についての会計基準が関係しています。 今回は、資産除去債務の説明にあわせて、なぜ原状回復費の削減が会計上のメリットにつながるのかということを解説いたします。 資産除去債務とは 資産除去債務は「公益財団法人 財務会計基準機構」によって次のように定義され

続きを読む

オフィス移転時の原状回復トラブルは誰に相談すべき?

説明する人

退去する物件の原状回復は、契約時に定められた義務です。しかし多くの場合、工事費用の見積もりが高く、トラブルが生じやすいポイントでもあります。 「どうしてこんなに高いのか」、「少しでも工事価格を抑えられないか…」と思って、ビルオーナーに直談判する担当者もいます。 オフィスを移転することが決まった担当者からよくお聞きするのが以下のような声です。 「現在オフィス移転の準備中だが、見積もりを

続きを読む

居抜き退去でオフィス原状回復費を大幅に削減!

大きいオフィス

居抜きとは、不動産において、前の入居者が使用していた内装や設備を残し、次の入居者が利用することです。正しい法律用語は「原状回復義務承継」といいます。 オフィス移転を考えているテナントが居抜きで退去すれば、まだ利用できる設備をそのまま残せるので、無駄な工事をする必要がなく、原状回復費用を大幅に削減できます。また、資産の有効活用となります。リユースですね。 そこで本記事では、オフィス移転時に居

続きを読む

オフィスの原状回復にあたって担当者がぶつかる3つのギモン

白いオフィス

多くのオフィスや事務所は、移転する際に「原状回復」が義務づけられています。 この原状回復工事費用の見積もりを見て、「これは高い!なんとか削減できないか?」と思う担当者がたくさんいます。この記事をご覧の方もそんなお一人ではないでしょうか。 多くの担当者は高いと感じつつ、ビルオーナー側が提示する見積もり通りの金額を支払っています。 しかし、「なんとか原状回復工事費用を削減できないか」と行動しようと

続きを読む

オフィスや事務所、店舗の原状回復トラブル事例10選

困ったサラリーマン

オフィスや事務所、店舗から移転し、退去をする際は原状回復する必要があります。 しかし、テナント側にとってそうした機会は頻繁にあることではないため、担当者はノウハウを積むことができません。 原状回復に対する理解が不足していて、トラブルになることも日常茶飯事です。ちょっとしたトラブルと思っていたら裁判に発展してしまうというケースもあります。 そこで今回は、オフィスや事務所、店舗の退去時、実際に起

続きを読む