トラブルもリスクもない原状回復費削減サポートが可能な理由

「原状回復費が安くなったら有り難いが…?」

「削減交渉をすることで、ビルオーナーとトラブルが生じたりしないだろうか…?」

「一度相談してみたいけど、社名がばれてしまうのはちょっと困る…」

 

いくら原状回復費が削減できると言われても、やはり躊躇してしまう方もおられるかと思います。オフィス移転で費用も手間もかかる時期ですし、不安になる気持ちもよくわかります。

我々はすでに多くのお客様から信頼いただき、減額のお手伝いをさせていただいておりますが、より多くの方に安心してご利用いただくために、たびたび寄せられる不安や疑問に1つ1つお答えしたいと思います。

 

原状回復費に関するご質問一覧

 

費用削減の交渉を行うことで、貸主側とトラブルになったりしないのでしょうか。

大丈夫です。トラブルにはなりません。

我々は正当な根拠に基づいた原状回復費の削減を支援しています。

原状回復工事の要件を正確に定義付け、借主が支払う必要のない部分を明らかにしていきます。そして、市場価格に基づいた適正な単価で見積もりを行います。

貸主に値引きを迫るだけになってしまいますと、交渉に応じてもらえなかったり、回答を先延ばしされてしまったり、未回答のまま工事の発注期限を迎えてしまったりして、望ましい結果が得られずに終わってしまう恐れがあります。

不動産や法律の知識がまったくないので不安です。

そういう方こそ専門家が必要です。

通常、企業でオフィス移転を担当する方は、不動産や法律など原状回復に関連した知識をお持ちではありません。そのため、貸主から出てくる見積もりがどんなに高くても、適正かどうかの判断がつかず、そのまま受け入れてしまって高額の原状回復費を支払ってしまうことが多いのです。

自力で交渉できるかも…と思うのですが、難しいものなのでしょうか?

うまくいくケースはほとんどなく、費用削減できたとしても本当にわずかです。

貸主側であるビルオーナーや管理会社は、一般企業の担当者に知識がないことを見抜いていますから、交渉を試みても、まともに相手にされないことが多いのです。

第三者が交渉に入ることで、トラブルを起こすことなく原状回復費を適正化できるのです。

 

トラブルやリスクの種は徹底的に排除

原状回復費の削減交渉には、準備期間が必要です。準備期間が短くなればなるほど、削減できる金額が少なくなってしまう可能性がありますし、原状回復工事に遅れが生じると、遅延金が発生してしまうこともあります。

 

 

コメントは受け付けていません。