オフィスの原状回復費、坪単価いくらぐらいが相場?

オフィスの原状回復費は、いくらぐらいが相場なのでしょうか?

オフィス移転を決めたものの、原状回復工事の見積もりが驚くほど高い…。びっくりして、慌ててこのサイトをご覧になっている方もいらっしゃるかもしれません。

 

そうなると知りたいのが、原状回復費の相場ですよね。いくらぐらいが相場なのか?手元にある見積もりは、相場とどのぐらい違うのか?

この記事では、わかりやすい基準として、坪単価で相場を考えてみたいと思います。坪単価いくらぐらいが相場なのでしょうか?

 

オフィス原状回復費、相場の目安は?

 

 

さまざまなサイトの情報を総合すると、オフィスや店舗の原状回復費の坪単価は、

  • 小・中規模オフィスでは、坪単価2万円~5万円
  • 大規模オフィスでは、坪単価5万円~10万円

というのが相場の目安になるようです。

ただし、相場情報はサイトごとに坪単価1万円台から50万円前後まで、大きな幅がみられました。

 

ちなみに、日経不動産マーケット情報の記事によると、原状回復費の相場は高騰しているとのことです。

「一般的なオフィスの原状回復は、3年前の1坪あたり6万円~7万円が10万円前後になっている」(大手不動産会社)。「外資系企業の作り込んだ内装は、3年前に坪15万円前後だったものが28万円~30万円に高騰した印象だ」(外資系不動産サービス会社)。工事費はビルや不動産会社、工事会社によって異なり、相場がつかみにくい

そして、上の記事では、一般的なオフィスの原状回復費の相場は坪単価10万円前後、作りこんだ内装では坪単価28~30万円と書かれています。記事内にもあるとおり、相場は非常につかみにくいのが現実なのです。

 

実際、我々が実際に取り組んできた事例でも、オフィスの規模や立地はもちろんのこと、ビルのグレードやその他個々の状況によって、相場の坪単価が大きく異なっていますオフィスの状況によっては、坪単価が上記に挙げたような相場と一致しなくても適正な場合もある、というわけです。

ですから、「相場は坪単価いくらです」と断言することは非常に難しく、実態と必ずしも一致するとは限りません。坪単価や相場の情報は、あくまで参考程度だと考えてください。

 

坪単価が相場よりも高くなってしまう理由とは?

実際の原状回復費の相場は、「坪単価×オフィスの面積」で計算することができますので、ためしにご自身の見積もりが相場と比較してどうなのか、計算してみても良いかもしれません。

しかし、先に述べたとおり、原状回復工事の相場は、オフィスの規模や立地条件、ビルの仕様(内装が作り込まれている場合などは当然高額になります)などによって変わってくることに注意しなければなりません。上に挙げた坪単価の相場だけでは、判断することは困難なのです。

 

さらに、相場を上回る高額の見積もりが出てくる理由として、以下のようなケースもあります。

  • 指定業者以外に工事を依頼できない契約を最初に結んでいるため、独占的に高額の見積もりを出してくる
  • 本来は原状回復工事の対象にならない箇所まで工事範囲に入れて、借主側に負担を求めてくる
  • 工事が下請け業者や孫請け業者を利用する重層構造になっているため、必要以上に高額になってしまう

 

いかがでしょうか。これだけさまざまな事情が複雑に絡み合ってくると、素人の知識では、「自分の見積もりは相場と比較してどうなのか?」といった判断はどうしても難しくなってしまうのです。

つまり、原状回復費の見積もりが適切かどうかは、工事や不動産などの事情を知っている専門家でないと見抜けないということになります。

また、専門家であればさまざまな業界のからくりも理解できますから、高額な見積もりから費用を下げて適正化することも可能になってきます

 

相場より高い原状回復費、減額する方法はある?

 

 

あなたがもし既に見積もりを手にしているなら、ぜひ一刻も早くその見積もりを専門家に見せて、相談してください

 

たとえあなたがビルオーナーと「相場より高いのでは」「もう少し安くできないのか」などと交渉したとしても、「これが常識だ」「今までみんなに払ってもらった」などと説明されてしまえば、知識も力関係も下回る素人としては、太刀打ちすることもできないでしょう。

また、オフィスを明け渡す日が迫れば迫るほど、工事を早急に始めなければ間に合わなくなってしまいます。

原状回復工事自体は、借主として行うべきものです。もたもたしていると、相場よりもはるかに高額な見積もりを、泣く泣く受け入れなければならなくなってしまうのです

 

ですから、あなたの大切なお金を無駄にしてしまう前に、ぜひ専門家の意見を聞いてみてほしいのです。

 

オフィス原状回復費が相場より高いと思ったら

我々は、原状回復に関する専門家チームです各分野のプロがいるからこそ、見積もりが適正かどうか判断して交渉でき、大幅な原状回復費の削減につなげることができます

坪単価にしたら数万円の違いであっても、大規模なオフィスであればあるほど、少額の坪単価の差が大きな差につながってしまいます。「この程度なら仕方ないか…」とあきらめずに、一度ご相談ください。

早い段階で無料相談をしていただければ、減額率も高くなります。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。