(オフィス向け)原状回復と原状復帰の違いって?呼び方が違う理由は?

原状回復とは、店舗やオフィスを借りたとき(=入居時)の状態に戻すことを指します。

しかし、人によっては「原状回復」ではなく「原状復帰」という呼び方を使う人もいます。(ちなみに現状復帰は漢字が間違っています)

あなたは呼び方が違う理由をご存知ですか?「原状回復」と「原状復帰」、意味に違いはあるのでしょうか?

 

原状回復?原状復帰?

実は、「原状回復」と「原状復帰」は、どちらも同じことを指しています。

それなのに呼び方が違っているのは、業界によって使われる用語が異なることが理由です。

  • 「原状回復」は法律用語(現状回復ではありません)
  • 「原状復帰」は建設用語(現状復帰ではありません)

ですので、話す相手によって「原状回復」だったり「原状復帰」だったりと、呼び方が変わってくるのです。

 

「現状回復」ではなく「原状回復」と表記する理由

 

 

さて、「原状回復」にしろ「原状復帰」にしろ、なぜ「現状」ではなく「原状」という漢字を使っているのでしょうか?

これには歴史的な背景があると言われています。

 

原状回復は、もともと工場の義務でした。工場の原状回復を行う場合は、まったくの更地にすることが多かったそうです。

その当時の法律家が原っぱに戻すというニュアンスを汲んで「原」状回復と定義した、と言われています。

 

言葉の意味を調べてみても、「原状」とするのが正しそうです。

原状:初めにあった状態。もとのままの形態。

現状:現在の状態、ありさま。

(デジタル大辞林より)

「原状回復」「原状復帰」は、店舗やオフィスを借りたときの状態に戻すわけですから、現在の状態に戻すという「現状」ではなく、当初の状態に戻す「原状」を使うのが正しいということです。

 

オフィスの原状回復/原状復帰には要注意

 

 

原状復帰は建設側の言葉、原状回復は法律上の言葉であり、いずれの場合も「現状」ではなく「原状」という漢字を使う、ということはお分かりいただけましたでしょうか。

 

この原状回復/原状復帰、実はオフィス移転時に大きな悩みの種になることが多いのです。

 

借主側は、オフィスの退出時に原状回復/原状復帰を求められます。契約書にも書かれているため、借主の責任として理解はしていらっしゃるかと思います。

しかし、いざオフィス移転時に原状回復/原状復帰の見積書が送られてくると、あまりの高額さにびっくりしてしまう人が多いのです。

 

※オフィスの原状回復費が高くなってしまう理由は、以下の記事にまとめました。

オフィスの原状回復費が高い理由とは?

 

たしかに原状回復は義務として行わなければなりません。

しかし、義務があるからといって、そこまで高額の原状回復費用を払わなければならないのか?

見積もりで出てきた費用は、本当に妥当な見積もり金額なのでしょうか?

 

いいえ、オフィスの原状回復費は、見積もりから大幅削減できるのです。

 

オフィスの原状回復費を削減するためには、いくつかポイントがあります。

とはいえ、どのポイントもなかなか素人には理解することが難しく、きわめて専門的な領域です。素人である賃借人側がどんなに頑張っても、ほんのわずかな減額しか得られないでしょう。

 

我々原状回復費.comは、宅地建物取引士、弁護士、公認会計士、建築士などの専門家集団です。 1,000件以上の原状回復費の削減実績を踏まえて、合法的にトラブルなしで、あなたのオフィスの原状回復費削減を実現します。

 

あなたが頑張る必要はありません。交渉はすべて我々におまかせください。

オフィスの原状回復費を成功報酬で40%も削減できるサービスはこちらです。

 

コメントは受け付けていません。