実例解説!原状回復による損害賠償トラブル裁判の顛末

甲は地主であり貸主、乙はAir B and Bを業とする会社であり、乙の親会社はK国際特許法律事務所である。法務事務の専門家及び弁護士が数名在籍している国際特許法律事務所である。 乙の代理人弁護士は、RCAA及び3ACの法務指導弁護士、TY法律事務所代表弁護士NK先生とTA先生である。 専門性の高い原状回復という建築紛争の為、乙丙の技術アドバイザーとしてRCAA所属の技術者萩原大巳、小川友

続きを読む

賃貸人都合の原状回復工事に対して裁判所の判断は?

原告:「甲」 被告:「乙」 甲の代理人弁護士:「丙」 甲、丙の技術アドバイザー:萩原大巳、小川友幸 (以下、「RCAA」という) 乙の指定する原状回復元請け業者:「O組」 甲はM&Aに伴い経営者が変更になり、本社所在地を東京に移転する事が決まり、移転に伴い賃貸借契約を解約、明け渡しに伴い原状回復義務を履行する事となり、乙の指定業者であるO組と数回の値引き交渉を実施。

続きを読む

原状回復、大型紛争、裁判官の和解案とは?

原告(賃借人):株式会社T  (以下、「甲」という) 被告(賃貸人):M地所(以下、「乙」という) 被告(賃貸人の代理人)ビル運営の代理人:MPM(以下、「丙」という) 原告代理人弁護士:TY法律事務所 代表弁護士 NK先生、担当弁護士 TA先生(以下、「原告代理人」という) 甲は、FX取引のプラットフォームを運営する東証一部上場企業である。役員は財務省出身者が多く、常に安定し

続きを読む

法的に見る事業用不動産の原状回復

原状回復

賃貸物件から退去する際に必要となるのが「原状回復」です。 原状回復は、工事範囲やその費用に関して、テナント・オーナー間でのトラブルが多く、裁判が行われることもあります。その判例は、あなたに今起きているトラブルを解決する、もしくは今後起こりうるトラブルを未然に防ぐうえで貴重な情報源となっています。 しかし、事業用不動産の場合は、判例が少ないという現状があります。 今回は、判例が少ない理由をはじ

続きを読む