オフィス・店舗の原状回復費について、専門家たちが徹底解説! 完全成功報酬・無料相談受付中!

原状回復減額事例(各坪数)

移転元ののオフィス・店舗に合わせて、原状回復減額事例集を作成しました。是非、参考にしてください。
※タブで切り替わります。

One&Presence Holdings

100坪以上 原状回復費減額事例

2023/1/26

既得権益に挑戦!力及ばずの原状回復費350万円削減とは?

クライアント紹介 一般社団法人RCAA協会に原状回復適正査定を依頼したワケ 世界はますます混迷を深めています。香港、上海、シンガポール、中華圏の成長を取り込み成長した借主株式会社One & Presence Holdingsは、働き方をデザインしワークプレイスを見直した結果としてグループ本社移転を決定、港区青山に移転した。 この時の最大の障壁が日本独自の原状回復指定による工事費高騰問題であった。 Web検索して、一般社団法人RCAA協会に相談することになった。面談の結果、原状回復の問題点に一番詳し ...

撤退戦7拠点閉鎖を決断原状回復削減率5割の神業とは?

100坪以上 原状回復費減額事例

2022/10/6

撤退戦7拠点閉鎖を決断 原状回復削減率5割の神業とは?

本社 原状回復1,426万円→715万円、削減率は5割引の半額に! RCAA協会会員スリーエー・コーポレーションに原状回復適正査定を依頼した経緯 突然の非常事態宣言から3年目、パンデミックは働き方を激変させた。 (株)ビジュアルリサーチ(以下、VR)は出社に及ばずテレワークに舵を切った。 VRは建物維持管理をアプリケーションソフトでミエルカ、お客様の声を聞き改善し続けるアプリ運営会社である。お客さまも不動産関連が多い。 不動産業界は「face to face」が常識の業界であるが、営業職は突然フィールドワ ...

オフィス(事務所)の原状回復費が驚愕の3億4,870 万円、削減額は1億4,839万円!

100坪以上 原状回復費減額事例

2022/8/22

オフィス(事務所)の原状回復費が驚愕の3億4,870 万円、削減額は1億4,839万円!

高い原因は、照明器具全て最新LED照明に交換、これは原状回復なのか? これは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によるモートワーク導入のため、銀座歌舞伎座タワーにある本社の3フロアを解約することとなった企業が、高額な原状回復見積金額から大幅減額に成功した事例である。 賃借人の紹介・経緯 今回のご相談は、不動産賃貸業をデジタルシフトした株式会社MDI(2019年ビジョン・ファンドで有名な某グループ入りで話題)である。 テレワーク移行の影響で、本社を構える銀座の歌舞伎座タワーの4フロア中3フロアを解 ...

エイベックス株式会社

100坪以上 原状回復費減額事例

2022/8/10

一棟借り、敷金1億2,000万では原状回復費用が足りない?

原状回復見積は1億4,920万円! 削減額は5,570万、削減率37.3%、敷金返還額は2,650 万円! 借主は日本で最大・最優の芸能プロダクション「エイベックス・グループ」のスタジオ兼アカデミーの賃貸物件「エイベックス(株)」の原状回復義務履行の実例です。 コロナバンデミックはライブ、イベント、ムービー、プロモーションを演出する芸能プロダクションも直撃しました。これは、安室奈美恵や浜崎あゆみなど多数の有名スターが所属するプロダクションにとっても同じです。 芸能人はTikTok、You Tubeにこぞっ ...

実例ヤマダホームズ

100坪以上 原状回復費減額事例

2022/8/1

事務所(オフィス)の原状回復費ってナゼこんなに高いの?

敷金(預託金)が返還されない?資産除去債務で特別損失? 業務受託の経緯 不動産流動化によりビル所有者が変更(オーナーチェンジ)原状回復義務とは? オーナーチェンジに伴い、賃貸スペースの見直しをおこない区画形成変更を実施。その際、電気、空調換気、防災、その他設備も新区画にあわせて改修工事を実施。賃貸契約書は区画形成前の原状回復義務と同じ内容にもかかわらず、賃貸面積だけ変更されていた。 原状回復義務に疑問を感じたヤマダホームズは、原状回復工事費用があまりに高額だったため、困惑しRCAA協会に原状回復の適正査定 ...

賃貸借契約書に注意!原状回復の高額見積もりには法的根拠のない費用負担が隠れている可能性あり

100坪以上 原状回復費減額事例

2020/6/11

賃貸借契約書に注意!原状回復の高額見積もりには法的根拠のない費用負担が隠れている可能性あり

我が国においてはオフィスを移転する際に原状回復工事が求められる。これは一般的な賃貸借契約書の常識ともいえる。しかし、その工事内容は賃借人にとって“ブラックボックス”に近く、適正価格とはいえない見積もりが横行しているのが現状である。 高額な原状回復工事の見積もりには、法的根拠のない費用負担が算定されていることもあり、トラブルに発展した例もある。今回の事例もトラブルにこそならなかったが、専門家から見れば理不尽なケースのひとつで、これは決して珍しいものではない。 賃借人の概要 クライアント 株式会社コスパクリエ ...

もっと見る

原状回復特約の有効性に疑問・削減率45%削減額271万円

50~100坪未満 原状回復費減額事例

2023/1/10

オフィスの賃貸契約書の「原状回復特約の有効性」に疑問⁉

総合生活文化企業「スターツコーポレートサービス株式会社」(以下、スターツ)は、ビルオーナーでもあり管理会社も指定業者もつとめる総合不動産デベロッパーである。スターツからご紹介いただいたIHIグループ茨城支店の原状回復協議の実例である。 結果は、驚愕の削減額271万円、削減率45%の円満合意となった。 日本を代表する総合重工業メーカーIHIは、働き方改革のため支店統廃合することとなり退去となった。賃貸人に解約通知を提出し、支店明渡しに伴い原状回復義務が発生した。しかし貸方基準図書、仕上表、回復方法が賃貸借契 ...

ロードサイドの原状回復 削減率は脅威の67% 削減額は386万円

50~100坪未満 原状回復費減額事例

2022/10/12

ロードサイドの原状回復 削減率は脅威の67% 削減額は386万円

事務所兼倉庫の原状回復はビルインと違うのか?原状回復の法務根拠とは? クライアント紹介・原状回復適正査定を依頼した経緯 株式会社サン・クロレラ(以下、サンクロレラ)は、グループ全社拠点の見直しで金沢営業所を移転、原状回復適正査定を株式会社スリーエー・コーポレーション(以下、3AC)に依頼した。 サンクロレラは、クロレラを商品化した優良企業であり、健康食品のグローバル企業である。ビジョンは「Health is Wealth = 健康は富」、企業風土は「グローバルスタンダードで環境の変化にアジャストできる企業 ...

医療法人社団桜緑会

50~100坪未満 原状回復費減額事例

2022/9/4

世界の投資会社から見たら日本の不動産はバーゲンセール!外資にオーナーチェンジの原状回復とは?

流動化が進む不動産は、度重なるオーナーの変更に見舞われます。 オーナー企業やAM(資産管理業務)PM(賃貸経営管理業務)BM(ビル管理運営)の連携、情報引き継ぎが杜撰な場合、回復すべき“原状”が分からなくなってしまうことがあります。 今回ご紹介するケースでは、ビルの全面改修が行われており、原状未確定状態にも関わらず推測で原状回復工事が見積もられていました。 エビデンス不在の高額原状回復工事が行われかねなかった事例です。 賃借人の概要 賃借人(クライアント) 医療法人社団 桜緑会 物件名 大阪府大阪市 某キ ...

(株)松井商会

50~100坪未満 原状回復費減額事例

2022/8/30

貸主管理会社の高圧的態度に困惑、RCAA協会にSOS!

経緯 新橋繁華街の商業ビルにテナントとして入居した株式会社松井商会(クライアント)は、DXを進めて働き方を見直した結果、テレワーク活用によるオフィス縮小を決断し、解約予告を提出した。出てきた原状回復見積についての質疑・説明を求めるも、大声で威嚇される。 値引きのお願いなどとてもできそうになく、敷金(預託金)1,515万円が返還されるのか心配になりRCAA 協会に相談した。 賃貸借契約内訳、貸主・借主紹介 物件名 港区新橋商業ビル 11階 C区画 面積 58.2坪 使用目的 オフィス 貸主 株式会社T企画 ...

原状回復工事基準にそぐわない費用に負担義務はあるか?

50~100坪未満 原状回復費減額事例

2022/2/8

オーナー指定業者が作った見積の罠

ビルなどで原状回復工事を行う場合、契約書などにある「原状回復工事基準」に基づいて見積もりが出されます。見積もりのなかには、こうした基準にない高額の工事が算定されていることがあります。 この場合、賃借人に負担する義務はあるのでしょうか? 賃借人の概要 賃借人 株式会社カーツメディアコミュニケーション 物件名 永田町グラスゲート 面積 1階 37.69㎡/11.40坪 地下1階 172.43㎡/52.16坪合計 210.12㎡/63.56坪 賃貸人の概要 株式会社Aエステート PM(賃貸経営管理業務)、BM( ...

指定業者による原状回復の高額な見積もりを回避せよ!

50~100坪未満 原状回復費減額事例

2021/4/17

指定業者による原状回復の高額な見積もりを回避せよ!

賃借人の概要 トレーニングジムを営む YOSHIKAWA Method株式会社 東京港区にあるグリーンオーク高輪台に入居 3階191.94㎡/58.06坪 賃貸人の概要 賃貸人は日本リート投資法人で、PM(賃貸経営管理業務)BM(ビル管理運営)は双日総合管理株式会社が務める。 ジム退去時の原状回復でトラブル発生!まわりに相談してみたが・・・ 賃借人はトレーニングジム退去のため、賃貸人に解約通知を提出しました。後日、管理会社から原状回復の見積もりを確認したところ320万円と、賃借人の予想よりも高額でした。 ...

もっと見る

実例アイビーシー

50坪未満 原状回復費減額事例

2022/8/5

店舗(美容室)の原状回復スケルトン戻し

原状回復適正査定依頼の経緯とあらまし 更新条件である家賃増額要求により折り合いがつかず、経営状況を考慮し更新拒否しか選択肢がなく、やむなく解約予告をお知らせした。賃貸人指定業者に数回原状回復見積を催促したところ、出てきた見積が予想を遥かに超える金額であり、今後の対応を模索していた。 賃貸人は、PM、BM、指定業者を兼務するS不動産に値引きをお願いしたが、いつまでたっても回答がなく、そこでWEB検索1番で実績のある一般社団法人RCAA協会に相談した。 原状回復費用 指定業者初回見積金額 9,500,000円 ...

脱オフィス体制の壁!?オフィスは不要という選択!!原状回復と敷金問題を乗り越えよう

50坪未満 原状回復費減額事例

2021/4/14

脱オフィス体制の壁!?オフィスは不要という選択!!原状回復と敷金問題を乗り越えよう

IT社会、働き方改革によってオフィスという存在も見直される時代になりました。 つまり、会社の事業内容によっては、在宅勤務、テレワーク、ネット会議で十分機能するため、“オフィス”という箱すら不要という時代が到来したのです。 既存の企業のなかには、オフィスを退去するという選択を採るものも増えていくでしょう。そのときに問題となるのが原状回復費用や、敷金が還ってこない、という事態です。 今回ご紹介するIT企業も、まさにそうした問題に直面しました。 物件概要 賃借人 株式会社インターワーク 賃貸人 ユナイテッド・ア ...

建築のプロも選んだ原状回復査定会社! 賃貸人側の原状回復指定業者が高額で困っていました。

50坪未満 原状回復費減額事例

2020/10/7

建築のプロも選んだ原状回復査定会社! 賃貸人側の原状回復指定業者が高額で困っていました。

賃借人の概要 クライアント 株式会社オープンハウス 担当:名古屋支社 尾崎 様 テナント KSビル 愛知県名古屋市中区 賃貸借面積 4階 152.08㎡ / 46坪 用途 オフィス・ショールーム 解約日 2020年8月1日 賃貸人の概要 賃貸人 大手保険相互会社 PM管理会社 大手保険ビルマネジメント株式会社 指定業者 スーパーゼネコンT 実績 初回見積金額(指定業者) 7,480,000円 合意金額再見積金額 5,500,000円 削減額 1,980,000円 削減率 26.47% (総額表示) 問題点 ...

割高な仮設工事等を適正化して原状回復費を減額!

50坪未満 原状回復費減額事例

2020/2/22

割高な仮設工事等を適正化して原状回復費を減額!

大手ディベロッパーやゼネコンの原状回復工事はどうして割高なのでしょうか? 今回の事例は削減割合こそ低いものの、「一見何も問題がない工事も適正価格になっていない」という実例といえます。 賃借人の概要 賃借人 株式会社ソルナ テナント 東京23区内のビルに入居 6階137.6㎡/41.6坪 賃貸人の概要 総合ディベロッパーを務める大手不動産会社で、AM(資産管理業務)・PM(賃貸経営管理業務)BM(ビル管理運営)、及び指定業者もすべて同社が行っている 実績 初回見積金額 4,523,000円 査定額 3,80 ...

もっと見る

最新の記事一覧