オフィス・店舗の原状回復費について、専門家たちが徹底解説! 完全成功報酬・無料相談受付中!

オフィス移転成功のコツ5つ+1

オフィス移転

オフィス移転成功のコツ、5つ+1

2022/1/18

オフィス移転プロジェクトの担当者になったら、一体何から始めればいいのでしょうか? ほとんどの方は、移転経験がなく、社内に「オフィス移転マニュアル」のようなものもないので戸惑ってしまうのではないでしょうか。 自分の通常業務をやりながらオフィス移転を担当するため、ついついオフィス移転関係の業務は後回しにしてしまい、ギリギリになってから慌てだす…そんなケースで相談を受けることもあります。 今回の記事では、オフィス移転担当者向けに、5つのコツ(+1)を伝授いたします。各項目をチェックしながら進めることで、効率よく ...

ReadMore

オフィス移転担当者になったらやること

オフィス移転

オフィス移転担当者になったら、やること

2021/12/18

オフィス移転は、会社にとって一大イベントです。事前に準備することが多いうえ、日常的な業務ではないため、オフィス移転担当に任命されると戸惑ってしまうことでしょう。 万一、オフィス移転作業に漏れがあると大きなトラブルの元になりますし、費用的にも莫大なな損失になってしまう可能性があります。 そこで、オフィス移転の担当者になった方向けに、オフィス移転に必要な基礎知識をまとめました。担当者の入門編としていただければ幸いです。 オフィス移転スケジュールとやること オフィスを移転することになったら、何をすればよいのでし ...

ReadMore

平成30年損害賠償等請求事件

原状回復の判例に学ぶ

実例解説!原状回復による損害賠償トラブル裁判の顛末

2021/12/16

「非弁行為の完全回避が裁判で認められる」 甲は地主であり貸主、乙はAir B and Bを業とする会社であり、乙の親会社はK国際特許法律事務所である。法務事務の専門家及び弁護士が数名在籍している国際特許法律事務所である。 乙の代理人弁護士は、RCAA及び3ACの法務指導弁護士、TY法律事務所代表弁護士NK先生とTA先生である。 専門性の高い原状回復という建築紛争の為、乙丙の技術アドバイザーとしてRCAA所属の技術者萩原大巳、小川友幸が担当した。 争点は下記事項である。 ※金額は、全て(税別)である。 原状 ...

ReadMore

One&Prisence内

100坪以上 原状回復費減額事例

大手デベロッパー相手に!オフィス原状回復 入退去全て指定業者という岩盤に挑戦!!

2021/12/28

オフィス退去の際に原状回復義務が発生 賃借人は退去の為、賃貸人に解約通知を提出。後日、PM担当管理会社より出された原状回復工事の見積が思ったより高額だった。もっと安く発注したいがビル側との交渉の仕方がわからず、インターネットで見つけた一般社団法人RCAA協会に相談。協会会員である株式会社スリーエー・コーポレーションに査定、交渉を依頼した。 概要 物件名 S不動産原宿ビル 東京都渋谷区神宮前2丁目34番17号 賃貸人 S不動産株式会社 賃借人(クライアント) 株式会社One & Presence H ...

ReadMore

MDI看板

100坪以上 原状回復費減額事例

原状回復とは、REBORNである!!

2021/12/28

今回は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によるモートワーク導入のため、銀座歌舞伎座タワーにある本社を一部解約することとなった企業が、高額な原状回復見積金額から大幅減額に成功した事例である。 賃借人の紹介・経緯 今回のご相談は、不動産賃貸業をデジタルシフトした株式会社MDI(2019年ファンドで有名な某グループ入りで話題)である。 テレワーク移行の影響で、本社を構える銀座の歌舞伎座タワーの4フロア中3フロアを解約することとなり、賃貸人指定業者より初回概算見積金額3億7,400万円、その後正式な見 ...

ReadMore

エイベックススタジオ

100坪以上 原状回復費減額事例

原状回復とは 事業再構築の殿(しんがり)である!!

2021/12/28

エンターテイメント総合事業 国内最大手のエイベックス・マネジメント株式会社。 コロナによる財務損傷のため、20年以上入居していたエンターテイナー育成スタジオを移転することとなった。 しかし、提示されたのは、予想をはるかに上回る原状回復工事の見積金額であった! クライアントの紹介・経緯 クライアントのエイベックス・マネジメント株式会社は、スタジオの移転のため賃貸人に解約届を提出したところ、1億4850万円という予想をはるかに超えた見積金額が提示された。 どうにか減額できないかと考えるが、デイリーワーク及び移 ...

ReadMore

S-GATE赤坂山王ビル

原状回復費減額事例

スーパーグレードビルのB工事に2000万超の見積もり!適正価格は?

2021/12/10

好調な業績が続く企業のなかには、快適な環境で働くために一等地のスーパーグレードビルへ移転するところもあります。 しかし、設備やデザインに優れたスーパーグレードビルはB工事も高額になりがち。しかし原状回復と同様、入居時のB工事も適正な価格に減額することができるのです。   賃借人の概要 東京都港区内一等地にある新築のスーパーグレードビルに増床 テナント 東京都港区 S-GATE赤坂山王5階 259坪 クライアント 株式会社キャリアデザインセンター 用途 事務所 賃貸人の概要 大手マスコミのグループ ...

ReadMore

TIBANNE社のある区

原状回復費減額事例

家賃未払いの解約は原状回復と遅延損害金で敷金返還が絶望的?

2021/12/10

厳しいビジネス状況から賃料未払いに陥り、やむを得ずオフィスを退去するケースもゼロではありません。そういう状態ですから、敷金の返還は大きな重要性を帯びます。 今回ご紹介するケースは約37万円の返還予定だった敷金を大幅に増額できた事例です。 賃借人の概要 賃借人 TIBANNE社(代表:Mark Karpeles氏) テナント 東京都渋谷区 C・O渋谷 187.39㎡ / 56.58坪 賃貸人の概要 賃貸人 A株式会社 ビル管理業者 株式会社B 指定業者 株式会社C 多額の遅延損害金と原状回復費用で敷金返還は ...

ReadMore

YOSHIKAWA Method

原状回復費減額事例

指定業者による原状回復の高額な見積もりを回避せよ!

2021/12/10

今回は、トレーニングジムを経営する企業の原状回復費削減事例です。契約書に書かれた内容が乏しく、一見、減額交渉することはできないように思えたのですが、原状回復の専門家ならではの着眼点で減額に成功します。 賃借人の概要 トレーニングジムを営む YOSHIKAWA Method株式会社 東京港区にあるグリーンオーク高輪台に入居 3階191.94㎡/58.06坪 賃貸人の概要 賃貸人は日本リート投資法人で、PM(賃貸経営管理業務)BM(ビル管理運営)は双日総合管理株式会社が務める。 ジム退去時の原状回復でトラブル ...

ReadMore

office原状回復

原状回復費減額事例

脱オフィス体制の壁!?オフィスは不要という選択!!原状回復と敷金問題を乗り越えよう

2021/12/12

IT社会、働き方改革によってオフィスという存在も見直される時代になりました。 つまり、会社の事業内容によっては、在宅勤務、テレワーク、ネット会議で十分機能するため、“オフィス”という箱すら不要という時代が到来したのです。 既存の企業のなかには、オフィスを退去するという選択を採るものも増えていくでしょう。そのときに問題となるのが原状回復費用や、敷金が還ってこない、という事態です。 今回ご紹介するIT企業も、まさにそうした問題に直面しました。 物件概要 賃借人 株式会社インターワーク 賃貸人 ユナイテッド・ア ...

ReadMore