オフィス移転担当者必見!オフィス移転を成功させる5つのコツ+1

オフィス移転プロジェクトの担当者に任命された場合、一体何から始めればいいのでしょうか? 多くの企業は、頻繁にオフィス移転をすることがありません。担当者も移転経験がないことがほとんどです。 また、社内に「オフィス移転マニュアル」のようなものもないため、担当者としては、指針がなく戸惑ってしまうケースが多いようです。 担当者は自分の通常業務を回しながらオフィス移転を担当するため、ついついオフィ

続きを読む

オフィスの敷金・保証金が返還されないのは、高額な原状回復費のせい!?

「借りている事務所を退去することになったのだが、入居時に収めた敷金・保証金の返還についてトラブルになってしまった」というご相談が多く寄せられます。 具体的には、「返還されると思っていた敷金や保証金が1円も返還されない」とか、「敷金・保証金では足りないということで追加料金の支払いを要求されている」といったケースです。 本来はオフィスの退去時に返還されるはずの敷金や保証金。なぜ返還されないとい

続きを読む

海外の原状回復費とオフィス賃貸事情・アメリカ編 

アメリカというビジネス大国で一旗揚げようという意欲的なビジネスパーソンは日本にも大勢いらっしゃいます。 彼らがアメリカで一定以上の規模のビジネスをしようと思ったら、オフィスの賃貸は避けられないでしょう。 そこで今回は、アメリカにおける原状回復を含めたオフィス賃貸事情について解説したいと思います。 アメリカは内装工事や原状回復はどういう認識か? 内装工事の費用は貸主負担が一般的のようです

続きを読む

原状回復費削減は資産除去債務の会計基準で大きなメリットがある!

原状回復費を削減することが会計上のメリットになるということをご存知でしょうか? これは、平成22年度に新しく導入された「資産除去債務」についての会計基準が関係しています。 今回は、資産除去債務の説明にあわせて、なぜ原状回復費の削減が会計上のメリットにつながるのかということを解説いたします。 資産除去債務とは 資産除去債務は「公益財団法人 財務会計基準機構」によって次のように定義され

続きを読む

オフィス移転時の原状回復トラブルは誰に相談すべき?

説明する人

退去する物件の原状回復は、契約時に定められた義務です。しかし多くの場合、工事費用の見積もりが高く、トラブルが生じやすいポイントでもあります。 「どうしてこんなに高いのか」、「少しでも工事価格を抑えられないか…」と思って、ビルオーナーに直談判する担当者もいます。 オフィスを移転することが決まった担当者からよくお聞きするのが以下のような声です。 「現在オフィス移転の準備中だが、見積もりを

続きを読む

都内ハイグレードのビルにおける高額原状回復費を1000万円値下げ!

MFPRビル

大都市を中心に多く存在する築浅の高層ビルのほとんどはハイグレードビルと呼ばれる物件です。 オシャレで、セキュリティをはじめとした設備がしっかりしていて、人気も高いのですが、原状回復費も高いです。 今回の事例は、こうしたハイグレードビルからのオフィス退去の案件です。 どうしてハイグレードビルの原状回復費が高いのかも併せてご紹介しています。 賃借人の概要 テナント

続きを読む

約30坪の美容院に850万円の原状回復費!専門家に相談したいが、3つの懸念が・・・

オフィスや事務所、店舗などの賃貸借契約は更新を続けるうちに賃料の値上げに遭遇することがあります。賃料と経営状況に照らして退去するという判断をする企業もあると思います。 今回のI社のケースもまさにそうした事情から店舗を退去することになったのですが、原状回復費が850万円という見積もりでした。 思わぬ高額に驚き、原状回復の専門家に相談しようと思ったI社ですが、「①コンプライアンス問題」、「②相談先

続きを読む

居抜き退去でオフィス原状回復費を大幅に削減!

大きいオフィス

居抜きとは、不動産において、前の入居者が使用していた内装や設備を残し、次の入居者が利用することです。正しい法律用語は「原状回復義務承継」といいます。 オフィス移転を考えているテナントが居抜きで退去すれば、まだ利用できる設備をそのまま残せるので、無駄な工事をする必要がなく、原状回復費用を大幅に削減できます。また、資産の有効活用となります。リユースですね。 そこで本記事では、オフィス移転時に居

続きを読む

オフィスの原状回復にあたって担当者がぶつかる3つのギモン

白いオフィス

多くのオフィスや事務所は、移転する際に「原状回復」が義務づけられています。 この原状回復工事費用の見積もりを見て、「これは高い!なんとか削減できないか?」と思う担当者がたくさんいます。この記事をご覧の方もそんなお一人ではないでしょうか。 多くの担当者は高いと感じつつ、ビルオーナー側が提示する見積もり通りの金額を支払っています。 しかし、「なんとか原状回復工事費用を削減できないか」と行動しようと

続きを読む

オフィスや事務所、店舗の原状回復トラブル事例10選

困ったサラリーマン

オフィスや事務所、店舗から移転し、退去をする際は原状回復する必要があります。 しかし、テナント側にとってそうした機会は頻繁にあることではないため、担当者はノウハウを積むことができません。 原状回復に対する理解が不足していて、トラブルになることも日常茶飯事です。ちょっとしたトラブルと思っていたら裁判に発展してしまうというケースもあります。 そこで今回は、オフィスや事務所、店舗の退去時、実際に起

続きを読む