割高な仮設工事等を適正化して原状回復費を減額!

割高な原状回復費。適正価格を調べてもらったところ

大手ディベロッパーやゼネコンの原状回復工事はどうして割高なのでしょうか? 今回の事例は削減割合こそ低いものの、「一見何も問題がない工事も適正価格になっていない」という実例といえます。 賃借人の概要 賃借人 株式会社ソルナ テナント 東京23区内のビルに入居 6階137.6㎡/41.6坪 賃貸人の概要 総合ディベロッパーを務める大

続きを読む

ビルオーナーが変わり、原状回復でバリューアップ工事を要求された!?

ビル

ビルオーナーが変わり、新オーナーが契約内容などを把握していないと、賃借人に不利な原状回復を求められてしまうことがあります。 確認をとってもなしのつぶての場合、どうすればいいのでしょうか。 賃借人の概要 賃借人 株式会社バリューデザイン テナント 東京都中央区 CCICビル 5・6階196.54㎡/59.45坪 ×2 賃貸人の概要 海

続きを読む

入居工事の設計施工が指定業者で高額な見積もりになった事例

入居工事の設計施工が指定業者で高額な見積もりになった事例

オフィス移転に伴い、入居先を自社の望むデザインに改装工事することは普通のことです。入居工事のうち壁に穴を開けたり、照明を移動したりする原状変更を伴う工事をB工事といいますが、ハイグレードビルの場合、B工事の費用も大きくなりがちです。 今回の事例も適正価格とは大きな差がありました。なぜ、そのようなことが起きたのかも解説していますので、オフィス移転を考えている方は参考にしてください。 賃借

続きを読む

重層構造請負体制の工事は大幅な費用削減が期待できる!?

原状回復費

原状回復工事が高額になりやすい要因として重層構造請負体制があります。 重層構造請負体制とは、建設業において、工事全体の総合的な管理監督機能を担う元請から、複数の下請けを経て施工されることを言います。 中間的な施工管理や労務の提供、その他の直接施工機能などを、いくつもの下請けが行うことでコストが雪だるま式に膨れ上がってしまうのです。 今回ご紹介する事例は、まさに重層構造が原因で原状回復費が

続きを読む

金融商品化した不動産にありがちな“原状未確定”物件(オーナーチェンジの罠)

流動化が進む不動産は、度重なるオーナーの変更に見舞われます。 オーナー企業やAM(資産管理業務)・PM(賃貸経営管理業務)BM(ビル管理運営)の連携・情報引き継ぎが杜撰な場合、回復すべき“原状”が分からなくなってしまうことがあります。 今回ご紹介するケースでは、ビルの全面改修が行われており、原状未確定状態にも関わらず推測で原状回復工事が見積もられていました。 エビデンス不在の高額原状回復工事

続きを読む

原状回復の一部をC工事として自社が行うことで減額に成功!

J.C.O.Sエントランス写真

高額な原状回復費用が見積もられた場合でも、根拠を持って交渉することで適正な金額まで減額することができます。 今回ご紹介する事例では、見積もられていた工事のうち、自社でできる工事(C工事)を分けて発注することで退去コストをさげることに成功しました。 賃借人の概要 賃借人  株式会社J.C.O.S (通信・物流を取り扱う株式会社J.C.O.S) テナント

続きを読む

法的に見る事業用不動産の原状回復

原状回復

賃貸物件から退去する際に必要となるのが「原状回復」です。 原状回復は、工事範囲やその費用に関して、テナント・オーナー間でのトラブルが多く、裁判が行われることもあります。その判例は、あなたに今起きているトラブルを解決する、もしくは今後起こりうるトラブルを未然に防ぐうえで貴重な情報源となっています。 しかし、事業用不動産の場合は、判例が少ないという現状があります。 今回は、判例が少ない理由をはじ

続きを読む

賃貸人サイドが回復すべき「原状」を把握していない状態での適正化

ビルの所有者(賃貸人)が何度も変わっていたり、フロア内の区画形成変更により、契約で定められていた原状回復の範囲が複雑化してしまうことがあります。 今回ご紹介するケースでは、賃貸人が原状回復の範囲をまったく把握しておらず、特に電気設備工事は範囲がメチャクチャな見積もりでした。 こうした場合、原状回復費の適正化は可能なのでしょうか。また、どのように対処すればいいのでしょうか。 賃借人の概要

続きを読む

オフィス原状回復費の見積もりが出たら、この7点をチェック!

旧オフィスを退去することが決まると、賃借人(テナント)の義務として原状回復工事を行う必要があります。   しかし、出てきた原状回復工事の見積もりを見て、「高い!」と驚いてしまう方が多くいらっしゃいます。実際、原状回復費の見積もりは、削減の余地がある高額な状態で出てくることが少なくありません。 ところが、オフィスの移転はそこまで頻繁に行われません。そのため、オフィス移転の担当者の方が見積書を見

続きを読む

オフィス移転時の原状回復工事、範囲はどこまで?

オフィス移転時の原状回復工事、範囲はどこまで

オフィスや事務所を移転する場合、物件の原状回復は賃借人(テナント)の義務です。その際、費用は賃借人が負担することになっています。 しかし、賃借人の声を聞くと、原状回復工事の見積もりが想像以上に高かったというケースが後を絶ちません。原状回復費・適正化協会にも、「原状回復費の見積もりが高額に感じる。確認してもらえないか?」といった相談が、たくさん寄せられています。 原状回復費が高額になるの

続きを読む