スーパーグレードビルのB工事に2000万超の見積もり!適正価格は?

S-GATE赤坂山王ビル

好調な業績が続く企業のなかには、快適な環境で働くために一等地のスーパーグレードビルへ移転するところもあります。 しかし、設備やデザインに優れたスーパーグレードビルはB工事も高額になりがち。しかし原状回復と同様、入居時のB工事も適正な価格に減額することができるのです。 賃借人の概要 東京都港区内一等地にある新築のスーパーグレードビルに増床 テナント 東京都港区 S-GA

続きを読む

家賃未払いの解約は原状回復と遅延損害金で敷金返還が絶望的?

渋谷の街並み

厳しいビジネス状況から賃料未払いに陥り、やむを得ずオフィスを退去するケースもゼロではありません。そういう状態ですから、敷金の返還は大きな重要性を帯びます。 今回ご紹介するケースは約37万円の返還予定だった敷金を大幅に増額できた事例です。 賃借人の概要 賃借人 TIBANNE社(代表:Mark Karpeles氏) テナント 東京都渋谷区 C・O渋谷 1

続きを読む

指定業者による原状回復の高額な見積もりを回避せよ!

gym

今回は、トレーニングジムを経営する企業の原状回復費削減事例です。契約書に書かれた内容が乏しく、一見、減額交渉することはできないように思えたのですが、原状回復の専門家ならではの着眼点で減額に成功します。 賃借人の概要 トレーニングジムを営む YOSHIKAWA Method株式会社 東京港区にあるグリーンオーク高輪台に入居 3階191.94㎡/58.

続きを読む

脱オフィス体制の壁!?オフィスは不要という選択!!原状回復と敷金問題を乗り越えよう

office原状回復

IT社会、働き方改革によってオフィスという存在も見直される時代になりました。 つまり、会社の事業内容によっては、在宅勤務、テレワーク、ネット会議で十分機能するため、“オフィス”という箱すら不要という時代が到来したのです。 既存の企業のなかには、オフィスを退去するという選択を採るものも増えていくでしょう。そのときに問題となるのが原状回復費用や、敷金が還ってこない、という事態です。 今回ご紹介す

続きを読む

床の全面貼替、壁・天井の全面塗装はテナントが費用負担?

オフィス

契約書に書かれていない原状回復の法的根拠は? オフィスの縮小にて移転する事が決まり、賃貸人に解約届を提出、管理会社より見積が出てきた。敷金償却を含めると、敷金返還額が40万円程度、引越費用を考える残金はほぼゼロ。 経営している店舗の今後の事を考えると原状回復費用を少しでも軽減したく、顧問をしてもらっている むさしの税理士法人に相談し、一般社団法人RCAA協会(原状回復・B工事アドバイザリー協会

続きを読む

働き方改革のため、支店統廃合の原状回復費用は?

日本を代表する総合重工業メーカー系列子会社本社ビル

驚愕の削減額に紹介者である「スターツコーポレートサービス株式会社」プロも驚く。 働き方改革のため、支店統廃合となった日本を代表する総合重工業メーカー。賃借人は退去の為、賃貸人に解約通知を提出し、支店明渡しに伴い原状回復義務が発生した。原状回復終了後の貸方基準図書、仕上表、回復方法が賃貸借契約書に添付されておらず、借りた時の原状が未確定という事実があった。 後日、管理会社TKより高額な原状回復費

続きを読む

建築のプロも選んだ原状回復査定会社! 賃貸人側の原状回復指定業者が高額で困っていました。

賃借人の概要 クライアント 株式会社オープンハウス 担当:名古屋支社 尾崎 様 テナント KSビル 愛知県名古屋市中区 賃貸借面積 4階 152.08㎡ / 46坪 用途 オフィス・ショールーム 解約日 2020年8月1日 賃貸人の概要 賃貸人 大手保険相互会社

続きを読む

原状回復工事基準にそぐわない費用に負担義務はあるか?

賃貸

ビルなどで原状回復工事を行う場合、契約書などにある「原状回復工事基準」に基づいて見積もりが出されます。見積もりのなかには、こうした基準にない高額の工事が算定されていることがあります。 この場合、賃借人に負担する義務はあるのでしょうか? 賃借人の概要 株式会社カーツメディアコミュニケーション 永田町グラスゲートに入居 1階 37.69㎡/11.40坪 地下1階 172.43㎡/52.

続きを読む

店舗転貸借契約の場合の原状回復義務にご用心

 転貸借とは、いわゆる「又貸し」のこと。賃借人が賃貸借関係を維持しながら第三者へ物件を貸すことで、元の賃貸人の許諾が必要だが、このような賃貸借契約も存在する。通常の賃貸借契約とは少し違うので、この場合の原状回復はどのようになるのか知らない方も多いだろう。今回は転貸借契約の物件移転というケースを紹介する。 賃借人の概要 株式会社このは 第一下谷ビル 1階62.21㎡/18.82坪

続きを読む

契約書にない内容の原状回復工事は法的根拠がなく工事費が削減できる

株式会社松井商会

法的な根拠がない原状回復工事であれば、確かな論拠とエビデンスによって減額させることができる。 ただ、賃貸人によってはコンサルタントが協議に入ることを嫌がったり、協議自体を嫌がったりすることもある。こうした場合にもきちんと対応できることが重要だ。本事例はそうしたケースの一例である。 賃借人の概要 クライアント 株式会社松井商会 テナント 東京港区 アーバン新橋ビル

続きを読む