原状回復工事基準にそぐわない費用に負担義務はあるか?

賃貸

ビルなどで原状回復工事を行う場合、契約書などにある「原状回復工事基準」に基づいて見積もりが出されます。見積もりのなかには、こうした基準にない高額の工事が算定されていることがあります。 この場合、賃借人に負担する義務はあるのでしょうか? 賃借人の概要 株式会社カーツメディアコミュニケーション 永田町グラスゲートに入居 1階 37.69㎡/11.40坪 地下1階 172.43㎡/52.

続きを読む

店舗転貸借契約の場合の原状回復義務にご用心

 転貸借とは、いわゆる「又貸し」のこと。賃借人が賃貸借関係を維持しながら第三者へ物件を貸すことで、元の賃貸人の許諾が必要だが、このような賃貸借契約も存在する。通常の賃貸借契約とは少し違うので、この場合の原状回復はどのようになるのか知らない方も多いだろう。今回は転貸借契約の物件移転というケースを紹介する。 賃借人の概要 株式会社このは 第一下谷ビル 1階62.21㎡/18.82坪

続きを読む

賃貸借契約書に注意!原状回復の高額見積もりには法的根拠のない費用負担が隠れている可能性あり

株式会社コスパクリエーション

我が国においてはオフィスを移転する際に原状回復工事が求められる。これは一般的な賃貸借契約書の常識ともいえる。しかし、その工事内容は賃借人にとって“ブラックボックス”に近く、適正価格とはいえない見積もりが横行しているのが現状である。 高額な原状回復工事の見積もりには、法的根拠のない費用負担が算定されていることもあり、トラブルに発展した例もある。今回の事例もトラブルにこそならなかったが、専門家から見

続きを読む