オフィスの原状回復にあたって担当者がぶつかる3つのギモン

オフィスの原状回復費を劇的に削減するための3つのポイント

多くのオフィスや事務所は、移転する際に「原状回復」が義務づけられています。 この原状回復工事費用の見積もりを見て、「これは高い!なんとか削減できないか?」と思う担当者がたくさんいます。この記事をご覧の方もそんなお一人ではないでしょうか。 多くの担当者は高いと感じつつ、ビルオーナー側が提示する見積もり通りの金額を支払っています。 しかし、「なんとか原状回復工事費用を削減できないか」と行動しようと

続きを読む

オフィスや事務所、店舗の原状回復トラブル事例10選

オフィスや事務所、店舗から移転し、退去をする際は原状回復する必要があります。 しかし、テナント側にとってそうした機会は頻繁にあることではないため、担当者はノウハウを積むことができません。 原状回復に対する理解が不足していて、トラブルになることも日常茶飯事です。ちょっとしたトラブルと思っていたら裁判に発展してしまうというケースもあります。 そこで今回は、オフィスや事務所、店舗の退去時、実際に起

続きを読む

オフィス移転時の原状回復工事、範囲はどこまで?

オフィスを退去して移転する際、物件の原状回復は借主の義務であり、費用は借主が負担することになっています。 しかし、原状回復工事の見積もりが想像以上に高いケースが後を絶ちません。我々のところにも、「原状回復費の見積もりが出たが、いくらなんでも高すぎるのではないか?」といった相談が、日々たくさん寄せられています。 原状回復費が高額になりがちな理由の1つが、本来行う必要のない工事を原状回復工事と

続きを読む

資産除去債務とは?企業会計からみた原状回復費削減のメリット

原状回復費と会計に関しては、「原状回復費の勘定科目をどうするのか」という悩みが寄せられることがたびたびあります。 しかし、原状回復費用を削減することが会計上メリットになるということは、まだあまり知られていないようです。 なぜ原状回復費用を削減することが会計上のメリットになるのか? それは、平成22年度に新しく「資産除去債務」についての会計基準が導入されたからです。 資産除去債務とは

続きを読む

原状回復費の大幅削減が可能なオフィスの面積は?

オフィス移転を進めているご担当者であれば例外なく、できる限り、原状回復費を削減したいという気持ちだと思います。 では、どれぐらいの面積のオフィスであれば、原状回復費削減の大きなメリットを得られるのでしょうか? 小規模オフィスの場合は、削減額が大きくなることはないのでしょうか? これらの疑問点について、原状回復費.comの経験・実績も踏まえながら以下でご説明いたします。  原状回復費の削減率

続きを読む

居抜き退去でオフィス原状回復費を大幅に削減!

居抜きとは、前の入居者が使用していた内装や設備を引き継いで次の入居者が利用することです。 居抜きで退去すれば、利用可能な設備をそのまま残せるので、大規模な工事をする必要がなく、原状回復工事費用を大幅に削減できます。 そこで、本記事では、オフィス移転時に居抜き退去を行うことによる借主・貸主のメリット・デメリットをご説明するとともに、オフィスの居抜き退去を成功させるためのアクションフローやパートナ

続きを読む

オフィス原状回復費に含まれている経年劣化の修繕費は削減可能?

オフィス移転時には、旧オフィスを原状回復する義務が生じます。 原状回復とは、店舗やオフィスを借りたとき(=入居時)の状態に戻すことを指しますが、通常利用で必ず発生するような損耗(通常損耗)や経年劣化なども、原状回復対象に入っている場合があります。 経年劣化は避けられないもの。それによって原状回復費が高額になってしまうのは困りものですね。 では、オフィスの原状回復において、経年劣化部分の修

続きを読む

オフィス原状回復費、高いと思っていませんか?

オフィス移転時にビル側から提示された原状回復の積算見積書を素人の自分が見ても高い!と思ってしまう・・・ オフィス移転が決まり、打ち合わせや調整に多忙を極める中、管理会社から提示された原状回復費の見積もりを見てその高額さに唖然・・・ 退去まで時間がないし、すぐにでも返事をしないと違約金を取られてしまう・・・なんとかならないものか? 原状回復費の費用は少しでも削減できれば、次に移転す

続きを読む

オフィス移転する前に担当者が絶対知っておきたい基礎知識

オフィス移転は、さまざまな準備を必要とする一大イベント。日常的な業務ではないため、オフィス移転担当に任命されてしまうと、戸惑ってしまうことばかりではないでしょうか。 万一、オフィス移転作業に漏れがあると大きなトラブルの元になりますし、費用的にも大きな損失になってしまう可能性があります。 そこで、オフィス移転の担当者になった方向けに、オフィス移転に必要な基礎知識をお伝えします。何はともあれ、まず

続きを読む

オフィスでも「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」は有効?

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」はオフィスでも有効?

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」は、民間賃貸住宅についての賃貸借契約における原状回復に関するトラブルを未然に防止するための一般的なルールです。国土交通省がまとめました。 このガイドラインは、原則として民間の賃貸住宅を想定したものです。しかし、オフィスの原状回復を行う際も、何かしらの指針が欲しいもの。 このガイドラインは、オフィスの原状回復にも適用できるのでしょうか? この記

続きを読む