大手デベロッパー相手に!オフィス原状回復 入退去全て指定業者という岩盤に挑戦!!

One and Presence内

オフィス退去の際に原状回復義務が発生 賃借人は退去の為、賃貸人に解約通知を提出。後日、PM担当管理会社より出された原状回復工事の見積が思ったより高額だった。もっと安く発注したいがビル側との交渉の仕方がわからず、インターネットで見つけた一般社団法人RCAA協会に相談。協会会員である株式会社スリーエー・コーポレーションに査定、交渉を依頼した。 概要 物件名 S不動産原宿

続きを読む

指定業者による原状回復の高額な見積もりを回避せよ!

gym

今回は、トレーニングジムを経営する企業の原状回復費削減事例です。契約書に書かれた内容が乏しく、一見、減額交渉することはできないように思えたのですが、原状回復の専門家ならではの着眼点で減額に成功します。 賃借人の概要 トレーニングジムを営む YOSHIKAWA Method株式会社 東京港区にあるグリーンオーク高輪台に入居 3階191.94㎡/58.

続きを読む

建築のプロも選んだ原状回復査定会社! 賃貸人側の原状回復指定業者が高額で困っていました。

賃借人の概要 クライアント 株式会社オープンハウス 担当:名古屋支社 尾崎 様 テナント KSビル 愛知県名古屋市中区 賃貸借面積 4階 152.08㎡ / 46坪 用途 オフィス・ショールーム 解約日 2020年8月1日 賃貸人の概要 賃貸人 大手保険相互会社

続きを読む

賃貸人都合の原状回復工事に対して裁判所の判断は?

原告:「甲」 被告:「乙」 甲の代理人弁護士:「丙」 甲、丙の技術アドバイザー:萩原大巳、小川友幸 (以下、「RCAA」という) 乙の指定する原状回復元請け業者:「O組」 甲はM&Aに伴い経営者が変更になり、本社所在地を東京に移転する事が決まり、移転に伴い賃貸借契約を解約、明け渡しに伴い原状回復義務を履行する事となり、乙の指定業者であるO組と数回の値引き交渉を実施。

続きを読む