床の全面貼替、壁・天井の全面塗装はテナントが費用負担?

オフィス

契約書に書かれていない原状回復の法的根拠は? オフィスの縮小にて移転する事が決まり、賃貸人に解約届を提出、管理会社より見積が出てきた。敷金償却を含めると、敷金返還額が40万円程度、引越費用を考える残金はほぼゼロ。 経営している店舗の今後の事を考えると原状回復費用を少しでも軽減したく、顧問をしてもらっている むさしの税理士法人に相談し、一般社団法人RCAA協会(原状回復・B工事アドバイザリー協会

続きを読む

働き方改革のため、支店統廃合の原状回復費用は?

日本を代表する総合重工業メーカー系列子会社本社ビル

驚愕の削減額に紹介者である「スターツコーポレートサービス株式会社」プロも驚く。 働き方改革のため、支店統廃合となった日本を代表する総合重工業メーカー。賃借人は退去の為、賃貸人に解約通知を提出し、支店明渡しに伴い原状回復義務が発生した。原状回復終了後の貸方基準図書、仕上表、回復方法が賃貸借契約書に添付されておらず、借りた時の原状が未確定という事実があった。 後日、管理会社TKより高額な原状回復費

続きを読む

建築のプロも選んだ原状回復査定会社! 賃貸人側の原状回復指定業者が高額で困っていました。

賃借人の概要 クライアント 株式会社オープンハウス 担当:名古屋支社 尾崎 様 テナント KSビル 愛知県名古屋市中区 賃貸借面積 4階 152.08㎡ / 46坪 用途 オフィス・ショールーム 解約日 2020年8月1日 賃貸人の概要 賃貸人 大手保険相互会社

続きを読む

実例解説!原状回復による損害賠償トラブル裁判の顛末

甲は地主であり貸主、乙はAir B and Bを業とする会社であり、乙の親会社はK国際特許法律事務所である。法務事務の専門家及び弁護士が数名在籍している国際特許法律事務所である。 乙の代理人弁護士は、RCAA及び3ACの法務指導弁護士、TY法律事務所代表弁護士NK先生とTA先生である。 専門性の高い原状回復という建築紛争の為、乙丙の技術アドバイザーとしてRCAA所属の技術者萩原大巳、小川友

続きを読む