指定業者による原状回復の高額な見積もりを回避せよ!

gym

今回は、トレーニングジムを経営する企業の原状回復費削減事例です。契約書に書かれた内容が乏しく、一見、減額交渉することはできないように思えたのですが、原状回復の専門家ならではの着眼点で減額に成功します。 賃借人の概要 トレーニングジムを営む YOSHIKAWA Method株式会社 東京港区にあるグリーンオーク高輪台に入居 3階191.94㎡/58.

続きを読む

脱オフィス体制の壁!?オフィスは不要という選択!!原状回復と敷金問題を乗り越えよう

office原状回復

IT社会、働き方改革によってオフィスという存在も見直される時代になりました。 つまり、会社の事業内容によっては、在宅勤務、テレワーク、ネット会議で十分機能するため、“オフィス”という箱すら不要という時代が到来したのです。 既存の企業のなかには、オフィスを退去するという選択を採るものも増えていくでしょう。そのときに問題となるのが原状回復費用や、敷金が還ってこない、という事態です。 今回ご紹介す

続きを読む

店舗転貸借契約の場合の原状回復義務にご用心

 転貸借とは、いわゆる「又貸し」のこと。賃借人が賃貸借関係を維持しながら第三者へ物件を貸すことで、元の賃貸人の許諾が必要だが、このような賃貸借契約も存在する。通常の賃貸借契約とは少し違うので、この場合の原状回復はどのようになるのか知らない方も多いだろう。今回は転貸借契約の物件移転というケースを紹介する。 賃借人の概要 株式会社このは 第一下谷ビル 1階62.21㎡/18.82坪

続きを読む

賃貸人都合の原状回復工事に対して裁判所の判断は?

原告:「甲」 被告:「乙」 甲の代理人弁護士:「丙」 甲、丙の技術アドバイザー:萩原大巳、小川友幸 (以下、「RCAA」という) 乙の指定する原状回復元請け業者:「O組」 甲はM&Aに伴い経営者が変更になり、本社所在地を東京に移転する事が決まり、移転に伴い賃貸借契約を解約、明け渡しに伴い原状回復義務を履行する事となり、乙の指定業者であるO組と数回の値引き交渉を実施。

続きを読む